​信条とは?

ラテン語のCredo(クレド)を訳したものです。
Credo(クレド)とは、使徒信条の各文章の冒頭に記されているラテン語の言葉で「私は信じます」という意味です。
使徒信条では、「私達」ではなく、「私は信じます」と個人の信仰を告白しています。
しかし実はこの告白は、教会全体としての共同の告白なのです。
つまり教会とは、個々の告白を大切にしつつ、「公に同じ告白をした者達の集り」なのです。
それを端的に表しているのが、使徒信条の文章の中にある「公同の教会」という表現です。
これは「唯一の同じ神を信じる者の集まり」「公に同じ告白をした者達の集り」という意味の言葉です。

ちなみに、「公同の教会」の英訳は”Catholic Church”です。”Catholic”(カトリック)とは「公同の」という意味で、教会の性質を表しつつ、教会を指し示す言葉でした。