​STAFF

牧師

​あつみ かずのぶ

安海和宣

1973年インドネシア生まれ。

両親がインドネシアでの宣教師だったため、生まれて間もなくから10歳まで、インドネシアの奥地、シンタンという現地の人もあまり近づかないジャングルで育つ。当時の親友はオランウータンだったという、とてもユニークで類まれな経験をもつ。その後、ポンティアナック、ジャカルタで、中学まで過ごす。

1989年に帰国し、高校から日本で過ごし、その後、東京基督教大学を経て、アメリカのタルボット神学校、トリニティ神学校で学ぶ。

2004年に帰国。同年3月に、父である安海靖郎師が設立した旧東京めぐみ教会の牧師に就任し、現在に至る。

キリスト教会の集会で、インドネシア語や英語の通訳を依頼されることもある。

​はた やすし

​波多康

1959年大阪生まれ。

大卒後、東京の聖書宣教会(神学校)で学ぶ。1999年から11年間、KGK(キリスト者学生会)北海道地区で大学生に福音を伝える働きに従事。2000年4月からゴスペルのコンサートやワークショップの企画プロデュースを行う(2005年愛知万博 "グローバル・ハーモニー・コンサート"ゴスペル部門, 2008年"東急ワールドミュージックスペシャルinBunkamura"(シーシーワイナンズ招聘), ドニー・マクラーキン・ゴスペルワークショップ等)。

2010年4月に、旧ゴスペルチャーチ東京を立ち上げ、現在に至る。NHK文化センター(光が丘教室)聖書講座、ミッションスクールでの聖書講演、2012,2014年の松任谷由実のホテルオークラディナーショーで聖書の話をしたり、角松敏生のゴスペル曲作詞に協力するなどの活動もしている。

あつみ やすお

安海靖郎

1942年、福島県生まれ。

大卒後、東京の聖書宣教会(神学校)で学ぶ。浦和福音自由教会の牧師を経て、1972年​より17年間インドネシアの宣教師として働く。西カリマンタン(ボルネオ)の奥地で福音を伝え、神学校を建設。また首都ジャカルタに移動後は、ジャカルタ日本語教会の牧師をし、神学校でも教える。

1989年に帰国後、東京インドネシア福音教会と旧東京めぐみ教会の設立に携わる。現在は、東京インドネシア福音教会牧師として働きつつ、ラジオ番組「世の光」、テレビ番組「ライフ・ライン」のメッセンジャーとして活動しつつ、ビサイドチャーチ東京アドバイザーとして、2ヶ月に1度ほど礼拝のメッセージをしている。