トルコで華々しく活躍する箏アーティスト

末冨敦子 箏コンサート

2019年7月13日(土)

​13:30開場 14:00開演(全席自由)

ピアニスト  安達のり子  山本裕太(ゲスト出演)

演奏予定曲目

~アナトリア(トルコ)音楽~

Uzun ince Bir Yoldayim (細く長い一本の道) Asik Veysel 作曲   Timur  Vurval 編曲

Mini Mini Nihavent Peserve (小さな前奏曲) Huseyin Sadettin 作曲 Timur Vurval 編曲

Sena bakiyorum Rabbim (主よ、あなたを見つめます) 

さくらさくら 

荒城の月 滝廉太郎作曲 

鳥のように 沢井忠夫作曲

金子みすゞの詩朗読 箏弾き語り

花は咲く 菅野ようこ 作曲    大平光美 編曲

いつくしみ深き 

Amazing Grace 

​入場料

一般:2500円(全席自由席)

学生:1500円

お申込み・お問い合わせ  03-6233-8097

場所

ビサイドチャーチ東京

​PROFILE

末冨敦子(すえとみ あつこ)

箏アーチスト 。トルコ共和国イスタンブル在住。

生田流古典流派の門下で箏、三弦を師事した後、現代筝曲の第一人者故沢井忠夫氏、沢井一恵氏の音楽に感動し両氏に師事する。武蔵大学人文学部日本文化学科、武蔵野美術学園日本画科、高崎芸術短期大学音楽科箏曲専攻にて学ぶ。

2007年に活動の拠点を日本からトルコに移し、トルコ国立シンフォニーオーケストラやトルコのトップアーティスト達と共演、またトルコ国内で開催される様々な国際音楽祭や日本大使館、各自治体、音楽大学などに招かれて演奏。2014年には、安倍総理が初めてトルコを訪問した際、現エルドアン大統領主催晩餐会でも演奏。現在トルコで最も有名な日本人の一人である。

トルコ政府公認NPO「日本音楽芸術協会」名誉会長を務め、トルコにて日本伝統音楽芸術の紹介と普及に努める傍ら、慰めの音楽を箏を通して届ける活動もライフワークとしている。

主催:一般社団法人ビサイドミニストリーズ

BMlogo.png